髪質によって染まりやすさが異なる

白髪染めにもいろいろな種類があり、色々な染め方があります。
しかし、髪質によって染まりやすい髪もあれば、染まりにくい髪もある事は事実のようです。

ドラッグストアなどで販売されている白髪染めを見ると、 「こんな感じに仕上がります」といった
サンプルの人工毛がディスプレイされていたりしますよね。

でも、サンプルどおりのカラーに仕上がる事は極稀です。なぜだと思いますか?

それは、髪質によって染まりやすさが異なるからなのです。

例えば、髪の1本1本が細くてシンナリしている髪質の人や、地毛がもともと茶色っぽい髪質、
柔らかい髪質の人は白髪染めを使っても割りとスピーディに染める事ができます。

一方、白髪染めで苦戦する事が多いのは、1本1本の髪が黒すぎるほどに黒い髪質の人や、
髪の1本1本が硬い剛毛の人。

この場合には、ヘアカラータイプの白髪染めを使って髪全体を明るくしようとしても、
なかなか色がつきにくい事が多いようです。

明るめのカラーを試してみる

白髪染めを選ぶ時には、地毛の染まりやすさに合わせて、選ぶカラーも希望するカラーより明るめにしたりして工夫すると良いでしょう。

色がついていない白髪は希望どおりに染まっても、地毛がほとんど変わらないのでは、 髪にダメージを与えながらヘアカラーをしても残念な仕上がりになってしまいます。

染まりにくい人は、希望するカラーよりも明るめのカラーを選ぶのがおススメです。

白髪染めの放置時間は商品ごとに異なりますが、それぞれパッケージに記載されています。
白髪が染まりにくい髪質の人でも、放置時間はできるだけ規定を越えないようにしてくださいね。



スポンサード リンク

このページの先頭へ