アレルギーが起こるしくみ

白髪染めを使ってアレルギー反応が起きてしまう事もあります。

具体的には、白髪染めによって頭皮がかゆくなったりかぶれてしまったり、ブツブツができてしまったり、 また、真っ赤になってしまったりする症状が出てきます。

これらは全て、白髪染めに含まれている何かの成分に対して起きているアレルギー反応なのです。

「頭皮につかないように白髪染めを使ったらアレルギー反応は出ないの?」 と考えがちですが、
必ずしもそういうわけではありません。

髪にしか白髪染めをつけていなくても、周辺の頭皮がアレルギー反応を起こしてしまう事もあります。

これは、ヘアカラータイプの白髪染めに多いのですが、髪を染める時に表面のキューティクルを化学成分によって開いて、 その内側にあるメラニン色素を脱色します。

この時に使われる化学成分が体にとって「異物」と判定されると、体は免疫機能によって異物を体内から追い出すべく、 激しく攻撃を開始します。

これが、アレルギー反応ですね。 免疫機能の攻撃が激しくなると、髪だけではなく、周辺の頭皮などの皮膚にもアレルギー反応が起きてしまう事になります。

場合によってはすぐに使用を中止する

アレルギー反応の原因となっているのは、白髪染めに含まれている「パラフェニレンジアミン」という成分。

アレルギーを起こしやすい成分なのですが、この成分を多く使えば使うほど、 白髪にも黒髪にも確実にはっきりとカラーを入れる事ができます。

しかし、アレルギー反応はかぶれる程度で収まれば良いですが、ひどい場合には呼吸困難や危篤に陥るリスクもあるので、 アレルギー反応が出たらすぐに中止を使用するようにしましょう。



スポンサード リンク

このページの先頭へ