髪を染める「染毛力」が違う

白髪がチラホラしている髪におしゃれ染めを使ってみたら、 黒髪はキレイに染まったけれど白髪は白いままだった・・  なんて悲劇を経験した人も少なくないはず。

仕上がりが同じカラーになる場合でも、白髪を染めたい場合には、 おしゃれ染めではなく白髪染めを使わないと白髪に色をつける事ができません。

これは、髪を染める「染毛力」が白髪染めとおしゃれ染めとでは大きく異なっているからなのです。

おしゃれ染めは黒髪の表面のメラニン色素を脱色して、そこに色をつけていきますが、 白髪染めの場合には、メラニン色素が少ない白髪にも色をつける強力な染毛力が必要になります。

つまり、おしゃれ染めは白髪染めほどの染毛力がないので、白髪を染める事ができないのです。

地毛のカラーも明るくしたいし、白髪も染めたいという場合には、白髪染めが必要になります。

しかし、白髪が気にならないし染める必要性も感じていない場合には、 わざわざ染毛力が強い白髪染めを使って髪にダメージを与える必要はありません。

おしゃれ染めでも黒髪なら十分に染める事ができますよ。

おしゃれ染めはブリーチ力が強い

白髪染めとおしゃれ染めとでは、染毛力以外に、ブリーチ力も異なります。
ブリーチ力とは、髪のキューティクルを剥がしてメラニン色素を脱色する力の事。

黒髪を染めるおしゃれ染めの方が、白髪染めよりもブリーチ力は強いと言われています。

つまり、ブリーチ力が弱くて染毛力が強いのが白髪染め、ブリーチ力が強くて染毛力が弱いのがおしゃれ染め、という事になります。



スポンサード リンク

このページの先頭へ