原因は加齢や遺伝

加齢 白髪の原因にもいろいろありますが、最も一般的なのが「加齢」。
つまり、老化現象というわけです。

髪が黒いのは、髪の中にメラノサイトという成分がたっぷり含まれているためですが、年齢とともにメラノサイトの働きが衰えてしまいます。

髪の黒さを保つメラノサイトが機能しなくなるため、髪が黒さを保てなくなってしまうというわけですね。

遺伝が原因で白髪ができる事もあります。若いのに白髪がたくさんある人は、遺伝が原因という場合が多いようです。

遺伝性の白髪の場合にはどうする事もできないので、ヘアカラーなどを使って髪を染める習慣を身につけたりして対処する事が多いようです。

生活習慣やストレスにも注意!

不規則な生活習慣やストレスなどが原因で白髪ができてしまう場合もあります。

不規則な生活習慣や偏った食生活を続けていると、自律神経が体内の栄養バランスも偏ってしまうため、 自律神経のコントロールが難しくなってしまいます。

特に、精神的なストレスによって自律神経のバランスが狂ってしまう事も多く、 その場合には年齢に関係なく急激に白髪が進行する事も多いようです。

ただし、ストレスや疲労が原因の白髪は、原因を取り除く事によって白髪が黒髪に戻る可能性もあるので、 ストレスを取り除くような努力をしたり、十分な休息を取るように努めていれば白髪も少しずつなくなっていくようです。

その他にも、貧血美味の人は白髪になりやすかったり、 間違ったヘアケアや不清潔な頭皮が白髪をもたらすこともあるといわれています。

これらは医学的に証明されているわけではありませんが、 十分に注意する必要はあるといえます。



スポンサード リンク

このページの先頭へ