白髪は髪に表われる老化現象

老化 白髪の原因にはいろいろありますが、最も一般的で圧倒的に多い原因が「加齢」です。

つまり、白髪は髪に表われる老化現象というわけですね。

若い頃には白髪を気にした事もなかった人が、30代後半あたりから白髪が気になるようになった場合には、 年齢による白髪と考えて間違いないかもしれません。

そして、40代、50代と年齢が高くなるに連れて白髪の数が増えていくようなら、老化現象の白髪と考えるのが自然ですね。

メラニン色素が深く関係している

私達の頭皮には、無数の毛穴があり、それぞれの毛穴には毛母細胞という頭髪の元となる細胞が詰まっています。

この毛母細胞によって作られる髪は本来は色がついていない白色なのですが、 日本人の肌を小麦色にする事でもおなじみの「メラニン色素」の働きによって、髪は黒くなっていきます。

人種によって細胞にどのぐらいのメラニン色素が含まれているかは異なりますし、その人によっても異なります。

小さな子供のうちには薄い髪の色をしていても、成長とともに黒髪になったり薄茶色になったりするのは、 この成長によって作用するメラニン色素の働きによるものなのです。

このメラニン色素は、メラノサイトで作られている色素細胞で、加齢とともに機能が低下していきます。

若い頃には活発なメラニン色素の働きによって黒さをキープしていた髪も、 メラニン色素が作られにくくなってくると髪に色をつけてくれる色素が不足してしまうため、白髪が現れてくるわけですね。

加齢によるメラニン色素の現象はどうする事もできないので、白髪染めなどで髪に色をつけてあげる方法が効果的です。



スポンサード リンク

このページの先頭へ